teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


瑞風

 投稿者:篠栗町民  投稿日:2017年 7月22日(土)22時24分13秒
編集済
  陽生様 皆様 こんばんは。

本日は、瑞風号撮りに出動しとりました。
同業者の方を多く見かけました。
どこか?いいポイントないかな?とウロウロしてましたら、
一人の方が道路沿いにポツンとおられました。
なかなおもしろいポイントなので、ぱくらせていただきました。
(その方とは、全然違うアングルで撮影しました)
ほんの少しシャッター押すのが遅かったかな?です。
探せば色々と面白いポイントがあるなぁと思った次第です。

しかし、本日も凄く暑かったです。
帰宅してからのビールも美味いですね(笑)。
 
 

1年前の小海線

 投稿者:陽生  投稿日:2017年 7月22日(土)10時05分5秒
  先週はたいした写真が撮れなかったので1年前のFILEを見てみたら小海線へ行ってました。
イメージ通りの山梨側も良かったですが純然たる田舎の風景が広がる長野側も良かったです。
旧型客車、また走らないかな。

>DF50様
高槻の写真を見ると、かって山崎から高槻まで歩いたことを思い出します。
途中で山に登ったりしたらさすがにあと少し、というところでバスに頼ってしまいました。
島本駅がまだ無かったころです。
12系は月曜の回送、カシオペア紀行と同じ動きですね。
私も最近は28mmを気に入って使ってます。

>埼玉のもぐら様
烏川の同じ場所、実は私も行こうと思ってたんですよ!
月曜日は暇だっつたので最初は貴殿に感化されて「大樹」へ、と思ったらどうも走らない日。
それでは、ということで朝焼けバックにカシオペアと関越に乗ったのでした。
そしたらまさかの雨降り。結局オカポンに行ってしまいました。
秋田で遅延していたとのことしたが定刻でしたね。
忘れていたこの感覚、懐かしかったです。
 

朝の烏川

 投稿者:埼玉のもぐら  投稿日:2017年 7月18日(火)23時58分22秒
  暑苦しい日が続いています。
こんな日は早朝の涼しいうちに撮影に行って川風に吹かれ・・・
なんて考えていたら、昨日の朝はお誂え向きの列車がありました。
しかし、天気は最悪。朝から蒸し暑く向かう途中には雨まで。
シルエット狙いの思惑は大外れでした。
でも列車の側面が出たし、ここでの81+E-26系の記録ということで。
(負け惜しみです)

>DF50様
1枚目の船溜まりの作品、目が釘付けになりました。
光線を生かした情景描写も素敵ですが、構図が秀逸ですね。
まずはスクエアサイズ。
左右を切ることで冗長な部分を削ぎ、絶妙な緊張感を生んでいます。
次に船。
2隻とも後尾が川の本流に架かる鉄橋を渡る列車に向いていて
眼が自然と列車に向かいます。
とても勉強になる1枚です。
 

広角と超望遠

 投稿者:DF50  投稿日:2017年 7月18日(火)23時03分15秒
  北びわこ回送、送り込みは土曜日なのでよく写しますが、返却は平日の月曜なので、写す機会は少ないです。
17日は祝日の月曜日なので、チャンスでした。

まず、以前から気になっていた瀬田川鉄橋近くの船溜まりを絡めて広角28mmで狙います。
その後、新快速で追いかけ、塚本駅に向かいます。
ここは遠くに下淀川鉄橋が見えるのでこの鉄橋を手繰り寄せるべく超望遠で狙います。
200mmレンズをCサイズのカメラに装着して、1.4倍のテレコンバーターを付けても5両編成では焦点距離が足りません。(フルサイズ換算400mm)
添付写真は、大幅トリミングで焦点距離不足を補っています。(フルサイズ換算800mm程度)

埼玉のもぐら様
SL大樹にハマってますね。
列車中心の写真も含めて貴殿らしさにあふれた作品です。
大樹というネーミングにふさわしく、「時にはオーソドックスに」の2枚目のように樹の扱いが巧みな作品が目立ちます。
 

時にはオーソドックスに

 投稿者:埼玉のもぐら  投稿日:2017年 7月17日(月)08時38分49秒
  連投、失礼いたします。
「SL大樹」は3往復、列車や機関車の部分写真ばかりでは飽きてしまうので、
列車中心の写真も撮りました。たまには良いですね。
今、列車は沿線住民の方の招待試乗会の真っ最中。町会の回覧が回ってきて、
乗りたい日にちと列車が選べるのだとか。
8月は暑いので次回は息子とノンビリ(とはいかないかな?)乗りに来たいです。
 

3週間ぶりの「SL大樹」試運転

 投稿者:埼玉のもぐら  投稿日:2017年 7月15日(土)23時56分39秒
編集済
  2回目はマイカーで訪問です。こんな暑い日はやはり楽です。
沿線もいたって平和。ファンの出は早くも落ち着きかけているような?
撮影地ではまたも近所のおばあちゃんにお声を掛けていただき、お家の玄関でアイスと飲み物をご馳走になり、たっぷり休憩もさせていただきました。次回はお礼に写真お持ちせねば。

>陽生様
私が京都に転居したのは草津線客レ廃止後の1991年でして、残念ながらDD+50系は見られませんでした。
山科界隈で撮ったDD客レは「なにわ」「あすか」とムーンライト・シュプール色14系200番台くらいかと思います。
箱根登山、この何気ない日常の様な非日常の情景が堪らないですね。アクセスが良かったら私もハマっていたかも。

>DF50様、有栖川のミニィ様
北海道のローカル支線って実は殆ど撮ってません。深名線と湧網線は撮りましたが路線の特徴を捉えられる技術がありませんでした。
今更でもう手遅れですが、これ以上JR北の路線が切り捨てられないうちに、残っている路線を訪ねてみたいです。


前回、近所の方から菖蒲を撮ったポイントで「7月は睡蓮の花がきれいだよ」と言われたので楽しみに待っていました。沿線は睡蓮だけでなくヤマユリも魅力的でした。
 

高槻界隈

 投稿者:DF50  投稿日:2017年 7月15日(土)23時28分35秒
  きょうは、あまり撮られることがない、高槻~島本の高槻方でいろいろ写してみました。
駅から撮影地へは、タクシー・バス利用でほとんど歩いていませんが、暑くてたまりませんでした。

陽生様
前回の表紙写真。長崎周辺は田園地帯が広がり、路面電車らしくない風景が展開しますが、貴殿の手にかかると、もうひなびたローカル線です。
今回の作品にも驚きました。烏山線かと思うぐらい、勇壮な流れですね。

天北線は、2回行きました。
これだけのために渡道したわけでなく、他のローカル線撮影との組み合わせです。

埼玉のもぐら様
確かに天北線はあまり撮られていませんが、有栖川のミニィ様が記されているように、クッチャロ湖の高台を走る区間は素晴らしい風景でした。

有栖川のミニィ様
クッチャロ湖の高台の風景に魅せられました。
私は2回しか訪問していませんが、貴殿は何度も出かけられているのですね。
魅力的な路線だっただけに廃止は残念でした。
 

梅雨はどこへ?

 投稿者:陽生  投稿日:2017年 7月15日(土)14時29分14秒
  >DF50様
急行天北の沿線写真が3枚も!
遠い地なのに当時からアクティブに良く行かれてたのですね。
ビル街を抜けるEF200、不思議な感じです。

>有栖川のミニィ様
七尾線の「能登」乗車体験があるのですね。
平成初期のJRって趣味的につまらないイメージがあったのですが、いま振り返るとこの時代しかなかった意欲的な列車設定が興味深いです。
ハッピー清里とか水前寺有明とか。

>ハルハル様
「あじさい」は結構撮りに行きましたが、雨のシーンは遂に撮れずじまいでした。
半逆光のカシオペア、5回も挑戦とは頭が下がります。

>篠栗町民様
「日本海」はさすがに遠い記憶となってきました。
羽越線に通ってた頃が懐かしいです。
大阪も暑そうですね。

>埼玉のもぐら様
とさでん、なかなか穴場です。
夏場は200型は冷房なくてあまり動かないと聞いていますので涼しくなったら再訪したいです。
SLびわこ、当初はC56も回送していたとは知りませんでした。
確か草津線送り込みのDD+50系も送り込みがあったんですよね。
撮りましたか?
 

天北線よ、さらば

 投稿者:有栖川のミニィ  投稿日:2017年 7月11日(火)22時26分32秒
  ①②③天北線と運命を共にした急行「天北」、天北線よさらば...(声問駅)


連続投稿ですみません(汗)
 

天北線 猿払原野

 投稿者:有栖川のミニィ  投稿日:2017年 7月11日(火)00時50分0秒
  DF50さま
 クッチャロ湖で急行「天北」を撮影されていたのですね。浜頓別を出発してクッチャロ湖の高台を走る区間は天北線のハイライトとも言える車窓でしたね。当時は乗り鉄にしか興味なかったとはいえ、機会あらばここで走行を撮ってみたいとも思っていたのでとても羨ましいです。

埼玉のもぐらさま
 山科築堤をこの高度から撮影できるとは知りませんでした。東海道と北陸系統がひっきりなしに大カーブを駆け抜けていくので飽きることがありませんでした。数年前の敦賀直流化切替までは北びわこのエスコートはDD51でしたね。今でも木ノ本に直流機EF65が出現するのが違和感ありありで不思議な感じがします。

天北線は夏と冬に一度ずつ訪れただけですが、その鉄道旅が私に与えたインパクトは非常に大きかったです。九州の大隅線とともにもう一度乗ってみたい路線の筆頭格です。
①天北線飛行場前駅。典型的な「仮乗降場」。時刻表でこの駅名を見たときは「飛行場があるのだろうか??」と訪問するまで全くの謎でした。駅裏の雪原は陸軍浅茅野飛行場滑走路を転用した牧草地だそうです。
②③かつて樺太までを結んだ宗谷本線だったこともあって、古くても立派な駅舎が多かったです。人口希薄な猿払原野を走る天北線も、こういった駅で2人、また1人と乗客が降りていきました。
 

レンタル掲示板
/379