teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/1615 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

掲示板でGF その4

 投稿者:逃げ馬  投稿日:2020年 5月19日(火)20時45分36秒
  通報
  沖縄本島・宮古島近海海中

その日の南西諸島の海は、これから起きようとしている事など知らぬかのように凪いだ海だった。

その海中、深度150mの海中を3隻の潜水艦が南に向かっていた。
まるで海中にトンネルを掘るかのように大きなスクリューが激しく回転をしている。

3匹の猟犬は、沖縄本島の南に達すると、東に進路を変えて全速力で“獲物”を追った。


沖縄本島・日本海軍・沖縄基地

防波堤に設置された灯台の横から、4隻の小ぶりな護衛艦がゆっくりと基地に向かって入港してきた。
基地の岸壁には燃料補給用のフレキシブルパイプを手にした隊員たちが待ち構えている。
4隻の護衛艦は一列に並ぶと、ゆっくりと岸壁に近づいていく。
4隻の甲板上には無線機を手にした乗組員が出て、岸壁上の隊員と会話をしながら乗艦を巧みに岸壁に近づけていく。
やがて接岸した4隻の護衛艦は舫綱で繋がれ、燃料パイプが接続されると燃料補給が始まった。
艦橋のウイングからその様子を見守る護衛艦『ながつき』艦長、館野三郎少佐は、じれったそうにその様子を見守っていた。
マイクを手にすると、

「燃料補給作業、急げ!!」

特に誰に命令するわけでもない、しかしそう命ずるのを抑えることができなかった。
館野は視線を基地と外とを隔てるフェンスに向けた。
そこには『戦争反対』、『すべての人との友好を!』、『南西諸島を平和の海に!!』、などと思い思いに書いたプラカードを手にした100人ほどの人たちが立っていた。
その脇には取材に来たのだろうか、新聞記者が基地の中や抗議活動に参加をした人たちにカメラのレンズを向けている。
館野は眉をひそめた。
緊急入港に近い今回の入港は、当初予定をされた演習後の帰港時刻より6時間ほど早い。
それでもなぜか彼らは“タイムリーに”抗議に来ている。
なぜなんだ・・・・・?

「燃料補給と給水作業、完了しました!!」

館野の思索を報告の声が現実に引き戻した。

「了解、出港用意!!」

館野が言うと、織組員たちは機敏に動き始めた。
旧式艦のむつき級護衛艦は推進機関が蒸気タービンだ。
そのため一度ボイラーを止めてしまうと、ガスタービン推進に比べると再始動には時間のロスが大きい。
そのため館野達4隻の護衛艦艦長は、ボイラーを動かしたまま補給を受けていた。
それでも、蒸気タービンを動かすためには手間がかかる。

4隻の護衛艦は、『平和のための』抗議の声を背中に受けながら、再びコバルトブルーの海に白い航跡を描きながら『かつらぎ』の後を追った。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/1615 《前のページ | 次のページ》
/1615